無関心

無関心好きな人が出来たときに気になるのはやはりその「相性」だと思います。
似たような趣味がある。
好きな食べ物がある。
読んでみたい本が一緒。
・・・そんな些細な事でテンションが上がったりすものですよね(笑)

もちろん私も例外ではなく、好きな人とは「関心を寄せ合うもの」が多いと嬉しいと感じていました。
そんな中である出会いがあったのですが、
彼とは関心を寄せることではなく、何故か「無関心」の事柄について話をしていました。

「俺って○○にどうしても興味をもてなくてさ~流行ってるけど」
という彼。私は思わず声を少し大きくして
「私もだよ!」と言いました。

どうやら私たちは、関心がある事よりも無関心なものがとても似ているようでした(苦笑)
一見するとネガティブなことのように感じますが
無関心なだけで「嫌い」では無いんですよね。もしかしたら関心に転じる可能性だってありますから。

無関心の相性から生まれる恋愛感情もあるようで、私は彼を好きになりました。
そしてお付き合いをしたいと望むようになり、私からマメに連絡を入れたりして
彼との時間を1日数分でも作ることにしていました。
そのうちに、彼のほうから連絡をくれるようになり、私たちはお付き合いしようという話になったのです。